RADWIMPS STAFF DIARY

2006年12月18日

うわあ。


ワタナベです。
DVDの発売が決まり、ツアーも近づき、元気に愛と仕事を噛み締めています。

先日も元気に、「よっしゃーっ!今日も働いちゃうぜええ。」と、欠伸しながら電車の吊り革にぶら下がっていました。

前に座った青年が、妙にオシャレです。
ファッションへの気合に、満ち満ちています。
「俺って、アート系の学校に行ってるんだよね。見てわかると思うけどお。センスで生きて行くみたいな?」みたいな。
コムデギャルソンのバッグを膝に置き、その上にipodを置いて何やら熱心に聴いています。

「この寒いのに、半ズボン穿きやがって。まー、カッコつけやがって。ふーん。何聴いてるんだ?おお?クラブ系だろ?どーせ。」と、チラッとipodの画面を見てしまったのです。

ディスプレイには、

有心論
RADWIMPS4?おかずのごはん? の文字が。

ぞわわっとしました。

「何だ、そーか。それならそーと、言ってくれたら良かったのに。良く見たら、上品な青年じゃないか。やはり若いうちから、生地は良いものを選ぶべきだよな。うんうん。半ズボンだって、いいデザインじゃないか。」

なんちって、暖かい視線を送っていました。

いろんな人がいろんな所で聴いてくれてるんだなあと、うれしかったのです。
その「上品な好青年」は、「セツナレンサ」でボリュームを上げ、「いいんですか?」をリピートしながら電車を降りて行きました。

「行ってこい。今日も思い切り頑張って来い。お前なら出来る。」と、背中に語り掛けました。
それはどこからどう見ても、明日の日本を背負って立つような背中だったのです。

日本の未来は明るい。
俺の通勤も、おめでたい。へえ。

 

17:23 | Comments(162)

2006年12月06日

ありがとー。


ワタナベです。

はい、来ました。
アルバム発売!
聴いてくれたみたいで、ありがとー。

発売記念で、おめでたいお話をひとつ。

先月、俺誕生日だったんす。
その日の夜もラッドの取材日で、11時くらいに終わったんす。
少しメンバーと打ち合わせしてたんす。
「はー、はー、なるほど。」と聞いていた洋次郎が突然、

「ナベさん、誕生日おめでとー!」と切り出したんす。
みんなでワーって、拍手してくれて。

スタッフの誕生日まで覚えてないと思ってたんで、驚いたんす。
うれしかったす。ちっす。

ラッドのメンバーは、普段もライブやラジオで喋ってるまんまです。
裏表がここまで無い人達も、珍しいでしょう。
みんなホントに優しいヤツラなんす。

バンドとスタッフの関係って言うよりも、素敵なトモダチみたいに思えます。
ものすげえ年齢離れてるけれど。

そんな4人が、チカラの限りを尽くしたアルバム。
キチンと届けなくちゃと思いました。
やっと届けられたなぁって、安心しました。
届いたみたいだなぁって。ありがとー。

さて。
飲みに行くかー。

 

19:44 | Comments(108)

2006年12月02日

帰宅

ふい?、帰ってきました。マネージャーの(つか)です。

先ほど最後の地、大阪から洋次郎・なべさんとも無事に到着。渋谷でのライブがありましたが、11/21から約10日間。全国のあちこちを飛び回ってきました。よーく考えてみるとこの10日間にライブが2回(札幌、渋谷)あった訳で。僕らはともかく、洋次郎はホントお疲れ様でした。きっと今頃自宅のソファでごろごろしてる頃でしょう。みなさんも心の中で「お疲れー」と言ってあげてくださいな。

そしてその間、桑、祐介、智史は何をしてたのか?もちろん家でゲームをしてた訳じゃありません。冬のツアーに向けてビシバシとスタジオで練習してた訳です。もう12月に入って、ツアーまであと3週間ちょっと。いやー、間もなくですよ。

最後に、今回のキャンペーンにご尽力いただいたナイスな東芝のスタッフの方々、愛をもって出迎えてくれた各ラジオ局・雑誌社の方々に感謝感謝です。そしてもちろん、公開放送に来てくれたり、ラジオを聞いてくれたり、行きたくても行けなかった、聞きたくても聞けなかったファンの方々にありがとう!です。

いよいよ、アルバムの発売まであと4日!!!

 

01:43 | Comments(85)

1

 

表示:モバイルパソコン