RADWIMPS STAFF DIARY

2007年03月22日

わー。


よほほ。
ワタナベです。
ツアー後半戦が始まりました
札幌から仙台に移動し、ホテルからお届けしています。

札幌の皆様、熱い声援ありがとうございました。(智史、おめでとー。)
仙台の皆様、お手柔らかに。
そしてそして。
チケットを入手出来なかった方、「ウチの街にも来てよ!」の方、
申し訳ありません。
いつかきっと。お会いしたいです。

札幌のライブを観ながら、ずっと思っていた事があります。
それはライブ終了後、ジンギスカンを食べるか、刺身系で決めるか。
もう、どおしようかなあ。まいったなあ。です。
嘘。

自分が思春期の時にこんな音楽に出会っていたら、
もっと素直で良い大人になれたかもなあと思ったわけです。
皆さんのあまりにピュアな笑顔をみて、そう思いました。
ラッドのライブに行って、揉みくちゃになって。
歌って飛び跳ねて。汗だくになって。
心の洗濯。
命にエレキサンダー。
何だそりゃ。

大人になって出会ったからこそ、スタッフになれて。
それはそれでとても幸せに思っているけれども。

ラッドのメンバーは、今出来る事を目一杯やろうと集中しています。
そんな姿を見て、勇気を貰っています。
RADWIMPSに関わっている事を、誇りに思えます。

関わっていると言えば。
(久々なので、長くなります。)
誇りに思っているのは僕だけじゃないし、関係者のみんなもラッドが大好きです。
これまた必要以上に。

「あー、今回チケット取れなかったー!うー。観たいけど我慢して次頑張る。」
と、東芝EMIの他セクションの人が言っていたりします。
社員がツアーグッズを買う列に並んでいるのは、しょっちゅうです。
何を買おうか、会社では見た事ないような真剣な顔をして並んでいます。

東芝EMIの皆様。
一人のファンとして楽しもうとしているのは、とても有り難い事です。
でもね。でもねったらでもね。
あなた達は、RADWIMPS所属レコード会社の人間でもあります。
お客様を優先しましょうね。
ツアーグッズも、売り切れそうなものは控えましょうね。

とは言え、そんなみんなが大好きです。
わー。

 

00:53 | Comments(102)

2007年03月05日

始まる

いや、ご無沙汰してます。マネージャーつかです。

いよいよ!始まります、春巻きツアー。あと2週間ある、あと1週間ある、なんて考えてたらあっという間に明日からスタートです。来てくれる人、楽しんでください。来たくても来れなかった人、ごめんなさい。きっと多くの人が来たくても来れなかったという事実を、スタッフもメンバーも忘れずに最高のライブにできればと思ってます。ます。

なんだかドキドキしてます。寝れっかなあ…。

 

01:48 | Comments(105)

1

 

表示:モバイルパソコン